学習塾の種類と通う意味

男女

子供の成長をうながす塾

受験のために塾や予備校に通うという場合、まずは大手塾に通うという人が大半です。大手塾は情報が多く、周りに通っている人もいるので情報を集めやすいので、とりあえず入塾しようという感じです。しかし、塾に入ったからといって成績が伸びるとは限りません。大手塾の長所もありますが、同時に短所もあります。集団塾の指導の場合、1人1人に対しての細かい指導は難しくなります。その点、個別指導塾はその子供のためにカリキュラムを組んで指導をしてくれます。個別指導の長所は、何といっても指導の細かさです。個別指導をやっている大手塾から、先生も個人でやっている小さな個別塾まで様々です。その子に合った個別指導をしてくれる塾を見つけられたら、成績が大きく飛躍する可能性もあります。ただし、小さな個別指導の塾の場合は、情報が少なく塾を見つけるのも大変です。また、集団指導に比べると指導の手間がかかるぶん、月謝がやや高めになりがちです。しかし、それを超える価値があることもまた事実です。集団指導の塾と個別指導塾のどちらが良いかは、その子の性格や現状によって異なります。その判断をするのは保護者です。塾は途中で辞めることもできますが、あまり頻繁に転塾をするのは子供のストレスになりかねません。塾と家庭の間で信頼関係を作れるかどうかが、何よりも大切です。それができる塾であれば、集団指導の塾でも個別指導の塾でも、間違いなく子供は成長します。