合格のテクニックとは

勉強

地域を問わずに中学受験で第一志望校に受かるために最も重要なことは、算数の学力を入試レベルまで引き上げることです。そのためには中学受験に特化した学習塾に早めに入学して、入試の出題傾向に合わせて、体系的に問題を解くためのテクニックを身に着けるべきです。集団指導の学習塾も多いですが、一人一人の志望校と学力に合わせて最適な指導を受けたいときに便利なのは、個別指導塾のオリジナルのカリキュラムです。個別指導塾であれば算数の図形と文章題にターゲットを絞った指導も受けられるので、短期間で学力アップが実現できるでしょう。家庭で計算練習をすることも重要ですが、塾の教室内にある自習室で授業の予習と復習をするのが、最も効果的な勉強法です。

中学受験で出題される算数の難易度はとても高いですが、どのような志望校であっても、計算力を高めることが合格の必須条件です。四則混合の計算のルールをマスターしたり、分数や小数の計算を正確に行うことが、算数の学力を高めるための近道です。特に偏差値50前後の中堅校を受けるときには、計算問題や基本的な面積や体積の求め方をマスターすることが重要です。一方で文章題が頻繁に出題されるのが中学受験の算数の特徴であり、必要な公式を暗記したうえで、使いこなす技術を身に着けるのが理想的です。基本的な文章題の解き方を学ぶ時に有益なのはパターン別のトレーニングであり、ハイレベルな内容を習得したいときに役立つのが、過去の出題例の反復学習です。